時計のベルトは革が良いのかメタルが良いのか

時計を選ぶときに注目するのは文字盤、という人は多いようですが、時計のベルトも印象を決める重要なパーツです。例えば革とメタルでは質感もまるで違い、つけ心地も変わってきます。普段のファッションから革を愛用している、ビジネスシーンで使用することが多いので重厚なメタルを選んでいるなど好みや用途は人それぞれですが、革には革の良さ、メタルにはメタルの良さがあり、デメリットもあるようです。もし、ベルトの選択に迷ったら実用性を重視するのもひとつの手ですが、いざ購入しても使用する機会が少なかったということにもなりかねません。革とベルトの特徴を把握した上で、気に入ったデザインの時計を選ぶのが理想的。まずはそれぞれのメリットとデメリットを知り選ぶのがおすすめです。

耐久性抜群で長く愛用できるメタル

メタルの1番のメリットは耐久性に優れていることです。革と違い水に強いのが特徴で、手洗いの時濡れたり、暑い時期に汗をかくのを気にする必要はほとんどないといってもよいでしょう。手入れも比較的簡単で壊れたら修理ができるメリットもあります。大切に使えば数十年の単位で使用可能なのがメタルの良い点であり、経済的なのは言うまでもありません。ビジネスシーンでも活躍し愛用者が多いメタルですが重いのがデメリット。革と比べると腕へのフィット感もどうしても劣ってしまいます。ずっしりとした重量感に魅力を感じる人もいて好みの分かれるところですが、メーカーやデザインによっては革ベルトに交換することも可能なモデルもあり、ファッションや用途に合わせてさまざまに楽しむことができます。

フィット感が高く肌馴染みの良い革

革は腕へのフィット感が良いのが魅力です。使い込むほどに肌に馴染み、メタルと比較すると軽量でつけ心地が良いのが人気の秘密です。デザイン性に優れており、革の色をはじめ、素材や質感、ステッチなどを楽しむことができるのでカジュアルなファッションにも合わせやすく、かつビジネスシーンでも活躍するとあって愛用者は多くいます。革は汗や水分に弱く、汗を吸うことでニオイが発生したり、水分を含んだまま放置していると劣化が進んでしまいます。ある程度の手入れは必要不可欠で、耐久性の低さから交換頻度も高くなりがちで不経済なのがデメリットと言えます。季節に関係なくつけっぱなしでいるとその分劣化も早くなりますが、日頃のお手入れと使い分けで革の寿命を延ばすことは十分可能です。